気づかいの大切さ

最近気づかいの大切さを実感しています。
兄の奥さんがとても優しくていつも感激してしまいます。
さりげない気づかい程その時には気が付かなかったりします。
でも後々思い返すと温かい心遣いにホッとした気持ちになって有難く感じます。
これこそが品格のある気づかいだと思います。
良い行いこそ人の見ていない所でするのが本物だといいます。
相手に分かる親切は見返りを求めてしまっている場合が多いのではないのかなと思います。
でも義姉は当たり前に自然で何でもサラっとやってくれるので勉強になります。
自分の至らなささを実感して情けなくもなります。
気づかいほど難しいものはないのではないのでしょうか?
真似ようと思っていてもなかなか大変です。
よかれと思ってやったことが有難迷惑に思われるかも知れません。
時にはでしゃばって見える場合もあります。
もうこれは経験を積んでいくしかなさそうです。
まずは人に喜ばれる事だけを考えて実践していこうと思いました。
人格の素晴らしい人はとても好かれています。
親切にしたらそれ以上の親切をしてもらえます。
与えたら与えた分以上自分に返ってくる法則があるんだろうなと思いました。
私も義姉のようにさりげない気づかいの出来る立派な大人になれるように頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です