「カン」に頼った友達探し

先日、子供が通う幼稚園のママ会がありました。お決まりの自己紹介タイムがあり、それぞれ、今はまっていることや趣味を話すことになりました。するとあるママが、「家族でキャンプに行きます。アウトドア大好きです。同じ趣味の方、ぜひ情報交換しましょう」と、自己紹介したのです。実は我が家もアウトドア好きで、キャンプや釣りなどにもよく行きます。趣味が同じだったのです。

多分、こういう自己紹介タイムは、たとえばお題が趣味なら、趣味の話をきっかけにママ同士が仲良くなれるようにと、考えられているのだろうと思います。でも、あのママと私が話したところで、仲良くなれるかなと疑問に思ってしまいました。服装とか雰囲気とか他のママとしゃべっている時の様子とかを見ると、私とは全くタイプが違う人だと思うのです。そして、何十年と生きているだけあって、そういう「カン」はたいてい当たります。

結局今の私は、自分の「カン」だけで、仲良くなれそうなママを探しているんだなということが分かりました。今のところ、「カン」は鈍っていないようなので、このまま「カン」を頼りに、仲良しママを探そうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です